建物管理について

はじめまして!ビル・トータルサービスのブログを担当しております岡崎と申します。

今回は【建物管理】についてお話を致します。
マンション、戸建て、商業ビル等、皆さまの周りには様々な建物が建っていると思います。
それらの建物は建築設備、給排水設備、電気設備、衛生設備、空調設備、消防設備等の設備が一つになって建てられています。

建物の築年数が10年、20年、30年と経過していくと設備の老朽化が進み、
漏水や雨漏り、消防設備の誤作動等が起こってまいります。

人が年をとるのと同じように建物も同じように年を重ねていきます。
人と一緒で建物も生きています。
日々の点検を怠ったり、メンテナンスを後回しにすると、
後々、重大な事故に繋がるかもしれません。

工事、修繕となると費用がかかると思い後回しにしがちですが、少額で直せることもあります。
後回しにしてしまった事で、多額の費用がかかってしまうこともあります。
体が資本の様に建物も躯体や設備が資本です。

建物の異常に気付いた際は放置をせず、お気軽に弊社へお問い合わせください。

少しでも皆様のお役に立てればと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。